FC2ブログ

読み書きのモチベーション

夏の巡業にて、教員から質問を何度かいただきました。

「読み書きが難しい子を担当しているのですが、読み書きにモチベーションが生まれません。どうすれば良いでしょうか?」


こう回答しました。


小学校低学年なら、読み書きにトライさせてみてください。

ただし、やみくもにトライさせるのではなく、本人のモチベーションを維持する工夫は必要です。」

中学年になって状況が悪化していれば、ICTという選択肢も視野に入れてください。

ただし、本人に自己選択・自己決定させることが前提です。




「ICTを使うと、文を読まなくなったり、字を書かなくなるのではないでしょうか?」



こう回答しました。


ICTを使うのが面倒くさいケースがいずれ生まれます。いちいち取り出すの面倒くさいですよね。

すると、自然に読みや書字にトライします。


大切なのは読み書きのスキルではなく、「読みたくなる」「書きたくなる」支援なのだと思います。




答えてから気づいたのですが、「スキルからの脱却」が必要なのかもしれません。

備忘録として。

デザイン。

実家に帰ると、両親がこんなものを買ってました。


そう、段ボールハウス。

20190815170127b57.jpeg






言われなくても、やりたくなるデザイン



に、最近ハマってます。



今、隣で


「何か紙ないーーー?」

「シール欲しいーー。」


という声が響いています。


20190815172218c8f.jpg



次は、クーラーだそうだ。


20190815172142b9b.jpeg




可能性は無限大ですよね。



こういった「遊びたくなる」デザインといえば、木製のおもちゃなんかが代表的ですよね。


2019081517072012d.jpeg




人工物ではなく、自然ですが・・

2019081517044441c.jpeg



安心感を生み出すデザイン

モチベーションを生み出すデザイン

しんどさを軽減するデザイン

困難さにチャレンジしたくなるデザイン


これらの観点で、デザインに少し着目すると面白いかもしれませんね。

酷道めぐり

デジタルから離れたくなる8月。。。

メールに追われる日々を送る中で、唯一安心できるのがお盆。

デジタル・デトックスですね。

その代わりに、国道を走ります。

20190814230840e03.jpeg



国道と言う名の酷道ですね。

でも走れないのはご愛嬌。

20190814230948c19.jpeg




効率を求めて高速を乗るのも良いですが、非効率な下道も良いものです。




なんか、この時代、目的地に着くことが最優先されている気がして。



やはり、原点は国道(意味不明。)

ラインでリマインダー

LINEは難しいアプリで、個人的には苦手にしているのですが、手放せない機能があります。

それは・・


リマインくん



まあ、使い方は画像を見ていただければ・・



2019080323205919b.jpeg




時間になったら、りまいんくんがラインをくれます。


便利です。


なお、使いたいときは、りまいんくんを友達申請すれば良いそうです。

(ただし、僕の場合はプライベートなリマインダーにしか使っていません。)


りまいんくん

観光案内所にて。

20190801125013d17.jpeg




外国人向けの観光案内所で働く女性の特集をテレビでやってました。

その中でのエピソード。



お客様とスムーズなコミュニケーションを実現するため、その女性は鏡文字で書くスキルを習得したとのこと。


確かに、鏡文字で書くスキルがあると、紙をひっくり返して見せる際のタイムラグを省略化できるため、スムーズなコミュニケーションが実現できますよね。



この話を聞いた時、ふと、とある筆談アプリが頭をよぎったんです。


そうです。「筆談パッド」


書いた文字が鏡文字で相手に表示される・・つまり、筆談した内容がリアルタイムで相手に分かる様に表示してくれるという、神アプリですね。


201908011252252a3.jpeg




何度も言いますが、このアプリは神アプリです。



...


でも、この方はきっと使われないんだろうなあ。



それはなぜか?



こんなエピソードも紹介されてました。

電車にカバンを忘れて困っている外国のお客様が来られたとのこと。そこで、鉄道会社のスタッフに状況が伝わるように、手書きでメモを渡したのこと。

カメラアプリを使えば済むのかもしれないですが、異国の地で困った時に、紙の存在ってすごくありがたいんです。(経験済み)


だから、ここは紙が正解なのだと思います。

他にも、鏡文字を書いてくれるというサプライズ、「心遣いが嬉しい」と思うお客様もおられるでしょう。




紙だから心があるとか、ICTだから心がないとか、そんな話をするつもりは毛頭ありません。


大切なことは・・


最適な手段を選べること


なのだと思います。



あと、特筆すべきは、なぜこの女性は最適な手段を選べるのか??

それは、「お客様の困りの解消」という目的がブレてないこと。

お客様のことを考えるからこそ、適切な配慮ができるんでしょうね。。。


基本の基本ですが・・



相手の困りを前提に考えれば、的を外す確率は低くなると思います。



そう、自戒を込めて・・